海宝山 妙乗寺

トップ
お問い合わせ
お問い合わせ電話番号 093-561-5673

妙乗寺の成り立ち

小倉ではじめて創設された由緒あるお寺です。
 日蓮宗 海宝山 妙乗寺は応永32年(1425年)3月、久遠成院日親聖人により創始されたもので、日蓮宗のお寺としては、岡山県以西で2番目に古い歴史を持ちます。経典はお釈迦様の説かれた法華経(妙法蓮華経)です。日蓮聖人が佐渡流罪の法難の際に感得された大曼荼羅を御本尊として本堂でお祀りしております。
<概要>
名  称 海宝山 妙乗寺
宗  派 日蓮宗
経  典 法華経
題  目 南無妙法蓮華経
宗  祖 日蓮大聖人
開  山 久遠成院日親聖人
開  創 応永32年(1425年)
住  職 渡部公元(第29世)

<沿革>
 応永32年(1425年)3月12日の夜、日親聖人が布教活動のために佐賀を目指して海路を進行中、悪天候に見舞われ小倉の沖で難破しそうになっていました。海上で安全祈願を行なったところ一大光明が降臨し、それに導かれて無事に上陸。岸にあった庵を「明星寺」の名で開基したと伝えられています(後に妙乗寺と改称)。
 そして時は過ぎ、天保5年(1834年)に光る石が実際に海岸で発見され、日親聖人の故事と重なることから、天保7年(1836年)小笠原藩の許可を得てその石を引き上げ、寺に祀りました。今でも「明星天子降臨石」として境内に納められています。

<寺宝>
 本堂に祀られた御本尊。それを守るように勇猛な四天王像が置かれています。小笠原公御中老・大羽蔵之助の御母君で法華経篤信者・紫雲院殿が寄進されたものです。京都より求めたもので、御木像としては大変大きく、室町時代に制作されたものではないかと伝えられています。一度、盗難にあい運ばれる途中、盗人の夢で「もとへかえろう、もとへかえろう」の呼び声が聞こえ、寺に返されたという逸話もあります。

<年中行事>
1月1日〜3日 年始のお経
1月17日 初講(鏡開き)
1月上旬 寒修行
2月上旬 節分会・星祭
3月下旬 春の彼岸会
5月中旬 花祭・祈祷会
8月21日 お盆会 施餓鬼法要
9月23日 秋の彼岸会
10月下旬 御会式
11月3日 宗祖日蓮大聖人 御会式法要
年末 年末施餓鬼法要
※この日程は、都合により変更することがありますので、ご了承ください。
<月例予定>
毎月17日 日親講・永代供養

Copyright © 海宝山 妙乗寺. All rights reserved.