海宝山 妙乗寺

トップ
お問い合わせ
お問い合わせ電話番号 093-561-5673

NEWS & TOPICS

2017.09.12 自分だけのお守り袋を作りませんか?

〜10月8日(日)、当山本堂でオリジナル御守袋作りをいたします!〜

この秋は何かとイベントでお寺を盛り上げたいと考えている副住職夫妻。
先日ご案内した「お茶教室・コラボw/辻利茶舗」の前に、
自分だけの御守を作る会を開きたいと思います!

以下、詳細です:

日程:10月8日(日) 14時から
場所:妙乗寺本堂
費用:500円
申込締切:10/6(金)


当日はまず日蓮宗のお経を使って写経体験をしていただき、
そのお経にお名前・願い事を書いていただいたものを
御守袋に入れて、世界で一つだけの御守を作る、
という流れになっています。
(前後に副住職からのお経の説明・読経の時間も設けています)

ご興味ある方は是非、お立ち寄りください♪


2017.09.07 お寺 de お茶会☆

11月23日(木・祝日)、勤労感謝の日にお茶会を開催します!〜

今回は妙乗寺初の試み、小倉で有名な魚町銀天街の中にある老舗・お茶屋さんの
「辻利茶舗」の代表・辻史郎さんを講師にお迎えし
お茶の知識や美味しいお茶の淹れ方をご教授いただきます!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

場所:妙乗寺・本堂
日時:11月23日(木・祝)14:00〜2時間程度
講師:辻 史郎さん
費用:500円
申込方法:電話(093-561-5673)もしくはお寺に直接連絡。
申込締切:11/16(木)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

小倉の辻利茶舗さんといえば、創業1860年(萬延元年)、桜田門外の起こった年に京都で誕生したお茶屋さん。
大正年間に社長の祖父母が京都から小倉支店として赴任してこられたことに端を発するのだとか。
現在では魚町、京町、駅前のデパートコレットにて日本茶専門店としてお茶やスイーツを販売しておられ、
更には2010年より台湾に出店、現在は11カ国25店舗を数えるグローバルお茶屋さんです。

また、日頃からお茶のセミナーを各市民センターや町内会、学校、幼稚園などで年間50近くを開催。
2時間後セミナーを終えてご自宅にお帰りになる参加者からは「美味しいお茶を淹れることが出来るようになった!」
とお喜びの声が多数のよう。

楽しく学んで美味しく頂く。
皆さんもその知識と技術、欲しくないですか?

たくさんのご参加をお待ちいたしております!


2017.09.05 「新米 坊守さんのつぶやき」を更新しました!

九月に入り、すっかり涼しくなりました。
 
先月、私たちは長崎に行って参りました。
今回は、その時のお話です。
こちらからどうぞ!
http://www.myoujouji.jp/tubuyaki.php?no=178#178


2017.09.03 「新米・坊守さんのつぶやき」をUPしました!

妙乗寺HP「新米 坊守さんのつぶやき」を更新しました。

今回は、妙乗寺を開いた、室町時代のあるお坊さんのお話です。いろんな逸話が残されています。

詳しくはこちらからどうぞ!
http://www.myoujouji.jp/tubuyaki.php?no=177#177


2017.08.26 小さなお坊さんの修行

福岡では暑い日が続いていますが、
皆様お変わりありませんか?
8月も残すところあと1週間ですね。

最近は夏休み終了も間近という事で、テレビでもそういった話題が多く取り上げられています。
私達お寺に生まれた子供達も当たり前ですが、皆さんと同じように学校へ行き、
皆さんと同じように休みがあるのですが、お寺の子供ですと、
少し違った体験が夏休み中に行われます。
その名も「僧風林」。これはお坊さんの子供である「小さなお坊さんの修行」です。

小学校1年生から中学校3年生までを対象とした二泊三日の修行なのですが、
男の子だけではなく女の子も同じように参加出来るので、当山の副住職や姉も幼い頃に参加しました。
(ちなみにその頃の思い出は「足が痛かった。」だそうです。)

毎年違う場所で行われるのですが、今年は開催地が福岡という事で副住職が指導員として参加してきました。
この3日間で子ども達だけで法要が出来るようになるようになるのが目標。
お経の読み方や仏具の使い方などを覚え、最終日にお迎えに来た保護者の前で修行の成果を披露をしたそうです。
小さなお坊さん達の一生懸命な姿に涙がこぼれたと言っておりました。

将来の仏教界、そして日蓮宗を背負って立つ存在である子供達。
今回の僧風林が、僧侶としての第一歩。
これからどんな僧侶になるのか、成長を見守りたいと思います。

※写真は、副住職が小学五年生の時に参加した僧風林から帰ってきて、檀家さん前で報告したときのものです。
マルコメですね。



Copyright © 海宝山 妙乗寺. All rights reserved.