海宝山 妙乗寺

トップ
お問い合わせ
お問い合わせ電話番号 093-561-5673

新米・坊守さんのつぶやき

2011.07.13 お盆準備始めました。

 お盆まであと一月、(正直、そろそろ、テンションをあげなければと自分自身盆モードのスイッチを入れました)


 昨年の記録を見ながら、今年のお盆の棚経の順番を決めています。 

 これらの作業はパソコンのエクセルを利用しています。
 お坊さんはハイテクなのです。


 エクセルと言えば拙僧、先月より『北九州市、市民カレッジ』でエクセルを勉強しています。
今まで、パソコンは全て自己流でした。今回、本格的に、関数とか、グラフとか、沢山のエクセルの機能を学習すると
  「なぁ〜んだ!こんな簡単な事が分からなかったのか!」
とか
  「よく、独力でそこまで出来たなぁ〜」
とか、反省と感心の連続です。
何よりも、マイクロソフト社の技術のすごさに舌を巻きます。

 よく、人間はその一生の中で脳の機能の半分(学者によっては30%)しか使っていないと言われますが、我々は(拙僧においては)パソコンの機能のどれだけを使っているのか?と考えると、 どうやら 「 ウ〜〜ム」、脳以下の数%しか活用していないようです。

 どんなにすばらしい道具があっても、それを使いこなす、人がいなくては道具は役に立たないモノになってしまいます。

 このことはコンピューターができるずっと以前、人間が道具を作り、それを使う時からの、古くて、新しい、永遠の題 ではないのでしょうか。


2011.07.10 仏教伝来=ハイテク導入

ハイテクの話 第2弾
ゴミ屋(538年)が運んだ『仏教伝来!』
なんと、罰当たりな! でも私はこれで年表を覚えました。
『仏教伝来』に付いてはこれで検索してください。


手抜きとは言わないで、私も先ほどより検索して「フム、フム、へえ〜」と感心してました。(勉強しろ!)


ここで飛鳥(明日香)と言うキーワードが出て来ます。
飛鳥時代、明日香地方、飛鳥寺など古代の朝廷のことが数々出現します。

この時代、大陸の新しい法律、技術、思想は朝鮮半島、百済経由で輸入されます。
その時仏教は一緒に、と言うか仏教と共に他の物が輸入されたのです。


2011.07.04 お坊さんはハイテク

日本史教科書では仏教伝来、西暦538年となってます。
その時、いったい何が伝来しきたのでしょうか?
ハード面では仏像、経典、ソフト面では読響のための僧侶、そして大和朝廷の要人の前で繰り広げられる仏教儀式
それを見ていた、朝廷の帝、公家、役人達はそれまで日本にはなっかた文化でしたからすごいカルチャーショックを受け、早速自前の僧侶を養成したのではないのでしょうか?



現代に直すと、開発途上国へコンピューター、システム、それをコントロールするエンジニアを送り込み、政府要人の前で得意げに披露する人々の姿が重なります。

堂ですか?1500年前は仏教は最高のハイテクだったんですよ!


まだまだこの話は続きがあります。

次回をお楽しみに


2011.06.30 つぶやき 始めます。

 ホームページを手直しして、新コーナーを新設しました。
月末と言うことで、世間の煩わしさに追いまくられ、
簡単なご挨拶しか出来ません。
これから出来るだけ更新に努力いたしますので、
よろしくおつきあいの程お願いいたします。
                           住職 拝


-0001.11.30 いのち

6月22日、フリーアナウンサーの小林麻央さんが乳がんの為亡くなられました。
彼女は私よりひとつ年下の34才。
今までも自分より若い人が命を落とすニュースは何度か目にしましたが、
今回の衝撃は、きっと一生忘れることは出来ません。

多くの人は病と闘い懸命に生きた彼女を
「きっと幸せだった」と思うのでしょう。
彼女が生前残した言葉の中にも「自分をかわいそうだと思ってほしくない」とありました
もちろん、彼女は決して不幸ではなかった。
可愛い子どもに恵まれ、家族に愛され、最後まで人々に希望を与え、生きた。
素晴らしい人生だったと思います。

それでも、無念だったろうとも思います。
歌舞伎役者であるご主人をこれからも支えたいと
その後を継ぐご子息を一番近くで見守り続けたいと
「梨園の妻」になる事を決めた彼女は、妻となり母となる事に加え、
色々な覚悟を持ってその世界に入ったことと思います。

ですが彼女は病を受け入れ、違う覚悟と決断をし、最後の瞬間まで懸命に笑顔で生きた。
本当に、強い女性ですよね。

お寺に嫁いだ身としては、「彼女は必ず成仏出来る」「必ず浄土に行ける」と信じて疑いません。
しかし、割り切れない部分があるのも否めません。
「なぜ」という言葉が消化されない、そんな非情な現実にぶち当たった時、
仏さまはどのように救ってくださるのでしょう。

やはり私には、まだまだ修行が足りないようです。



Copyright © 海宝山 妙乗寺. All rights reserved.